日本テレビのダイエット番組、ダイエットヴィレッジ。100kg級の体重の方々が集まり、ダイエットにチャレンジする模様がドキュメンタリータッチで放送されます。

ダイエットヴィレッジは好きなテレビ番組の一つですが、観ながら色々と思うことがあります。

そもそもなぜそんなに太る?

image

ダイエットヴィレッジの出演者は、みなさん100kg級の体重。病気や薬の副作用などで太ったのならかわいそうだと思いますが、そうではありません!

 

唐揚げに生クリームをかけて大量に食べる。

バターを丸ごとかじって食べる。

朝から菓子パンを大量に食べる。

ジュースに大量に砂糖を入れる。

 

こんな食生活をしているのです。

これでは太ってしまうのも当然ですよね。私も食べることが大好きですが、こんな無茶な食べ方はしません。

 

彼女たちは、食べ物を美味しく食べようというより、太るために無茶な食べ方をしているように見えます。

そんな食べ方をして気持ち悪くならないのでしょうか?胃腸が丈夫なのか?

彼女たちがそんな無茶な食べ方をするのは、何かしら心にストレスを抱えているのか。

摂食障害に陥っているのではないかと感じます。

 

ダイエット合宿中のケンカ

image

ダイエットヴィレッジでは、自分一人では痩せられない100kg級の体重の方々が一緒に寝泊まりし、全員で合計100kg痩せるダイエットにチャレンジします。

みんなで一緒に運動をし、体に優しいダイエット食を自炊して生活を共にします。

 

テレビの演出なのかもしれませんが、毎回必ず参加者同士でケンカが始まるのです。それも、壮絶なののしりあい…。

「うるせーブス!」と女性が女性に平気で叫ぶ姿は、テレビ越しに見ても嫌な気持ちになります。

 

厳しいダイエット合宿でストレスが溜まっているからかもしれませんが、醜い争いだなぁと思います。痩せて美しくなるために参加しているのなら、心も美しくなりましょうよ!

 

もう少しがんばりましょうよ!

image

ダイエットヴィレッジを観ていると、参加者たちのがんばり度の低さにヤキモキしてしまいます。エクササイズをしていても、ウォーキングをしていても、つらい、もうダメ、できない、と文句が出るのです。

中にはがんばっている参加者もいますが、もう少しがんばりましょうよ!と言いたくなる参加者も多い!

努力や我慢が足りないから、美意識が低いからこんなにも太ってしまったのでしょうね。

番組に出演してダイエットをすると決めたからには、今までの自分を打ち破って努力や我慢する心も養って欲しい!

 

私もダイエット合宿に参加した経験あり

ダイエットヴィレッジを観てダメだしばかりしている私も、実は以前ダイエット合宿に2回参加したことがあります。

1回目は、ペパーミントハウスという八ヶ岳のペンションで行なわれるハードなダイエット合宿。2泊3日で2キロ痩せましたが、きつ過ぎてもう2度と参加したくありません!

2回目は、ホットヨガLAVAが運営するヨガや座学のダイエット合宿。これはとても楽しくヨガやヘルシーな食事ができました。機会があればまた参加したいダイエット合宿です。

 

ダイエットは毎日の生活の中で、食事に気を付けたり運動をして一人で行うもの。基本的には毎日の生活習慣が大切です。

ただ、ダイエットヴィレッジのようにダイエット合宿に参加すると、同じ目標を持つ者同士で連体感が生まれ、がんばろうという意識が高めることも出来そうです。

なかなか自分ではダイエットができない方の、意識付けにもなるかもしれませんね。

次回のダイエットヴィレッジの放送も楽しみです。エクササイズ方法などダイエットの参考になることも多いですよ。

私はまた、ダメだししながら楽しんで観るつもりです!